フランス

【フランス旅行】オンフルールはノルマンディーの港町。もう一度行きたい呪いにかかりました。

フランス北部の港町オンフルール

古い町並みが残る情緒ある港町。まさに絵画の世界。

歩いて楽しい、食べて美味しい、覗いて買っちゃう。楽しいことがいっぱいだった!
もう一回行きたくなる呪いにかけられました。

オンフルールってどんな町?

写真映えする町並み!

オンフルールの見どころはバスターミナルからすべて徒歩圏内

とことこ歩くだけでOK。歩くだけで楽しい!
バスターミナルでバスを降りたら、さぁ歩き始めましょう。

バスターミナルに隣接する大きな駐車場に公衆トイレがありました。

旧港周辺

バスを降りてまず向かった場所。

オンフルールの最も見るべき場所。観光の目玉です。
とっても小さな港に隙間なく建ち並ぶ縦長の家々と停泊する小さな船が旅情を掻き立てます。

バスターミナルの前の道をまっすぐ行っても旧港に行けます。(最短距離)

でも、ヴィル通りに寄り道するのがおすすめ。ヴィル通り沿いにはお店がたくさんあってウィンドウショッピングが楽しめます。




ヴィル通りからつながる路地や中庭が趣あるスペースで行かない手はない!

細い路地を抜けるとそこは旧港。
向かい側にはオンフルールとググれば出てくる、「オンフルールと言えばこれ!」という光景が広がります

聖カトリーヌ教会周辺

旧港の北西に隣接する聖カトリーヌ教会の周りは細い道がくねくねと走っています。




細い道の両脇に風情ある木組みの家や石造り、レンガ造りの家が建っています。
お洒落な吊り看板や軒先の植木、カラフルな壁色など、雑多なおもちゃ箱のような通りが何本もあります

「こっちを歩いたら、あっちにも良さげな道を発見。と、思ったらこっちにも」と素敵道のオンパレード。

観光案内所周辺

聖カトリーヌ教会から旧港を回り込んで、観光案内所の近くまでやってきました。

この辺りは観光客向けのお店があまりないので、観光客はぐっと少なくなります。

でもその分お散歩に集中できます。

立ち寄りたくなるたくさんのお店




ヴィル通り聖カトリーヌ教会の周辺にはお菓子屋さんや雑貨屋さん、お土産屋さんが林立しています。

あっちもこっちもお店を覗きながら道を歩くのでなかなか進みません。

バターが特産なので、キャラメル屋さんが多いです。キャラメル試食できるお店もたくさんありましたよ。
あとはバターたっぷりクッキー

お酒を扱うお店には特産のリンゴのお酒、シードルやカルヴァドスがずらり
重いので買わなかったですけど。

雑貨屋さんやアンティークショップ、アクセサリーショップもたくさん

自分へのお土産探しや、友人・家族への食べ物以外のお土産探しにはオンフルール、ピッタリです。

美味しい海の幸

オンフルールは港町。となれば食べるべきはシーフード

観光地のど真ん中、旧港にあるレストランで評判の良かったレストランに入ってみました。

Le Fleuron(お手頃なシーフードレストラン)

二人でシェアできるコースメニューを選択。

前菜、メインをそれぞれ4つほどの中から選んで注文できるのですが、日替わりのメニューが黒板にフランス語表記のみ。

でも、店員さんが英語で説明してくれました

なんとなく分かったメニューをセレクト。

イワシカジキ

よし、よし。食べたかったお魚料理。美味しそうですね。

そして、出てきたカルパッチョ

いや、いやいやw

カルパッチョって聞いたらお魚料理と思うやん。まさかのハムとはね!?

料理が運ばれてきたときは目が点。確かに、カルパッチョと言われればそうかもしれない…。

どの料理も美味しくいただきました

店員のお姉さんも可愛いくて親切に応対してくれたし、店主さんもとっても感じがいい方で料理も雰囲気もGoodでした。
観光地にしてはお値段も良心的だったので、おすすめ

オンフルールってどこにあるの?

パリから北西へ約180㎞。

英仏海峡を望む港町です。

パリからの鉄道でのアクセスはあんまりよくありません。

  • 鉄道、バスを乗り継いでいく。
  • 高速バスで行く。
  • オンフルールに立ち寄るバスツアーを利用する。

鉄道とバスで行く

  1. 鉄道:サン=ラザール駅(パリ)→ル・アーブル
  2. バス:ル・アーブル→オンフルールバスターミナル

乗り継ぎが悪い場合がたくさんあるので、思ったより時間がかかります。

フランス国鉄のHPでは鉄道とバスの乗継も検索できるので便利。
フランス国鉄(SNCF)https://www.sncf.com/en

高速バスで行く

Flixbusという格安高速バスが便利。

1本で行けるのでめっちゃ便利。そして、めちゃくちゃ安い!

Flixbus(https://global.flixbus.com/)

私もオンフルールからパリへ行くときに利用しました。

オンフルールはドーヴィル(Deauville)からパリへ向かうバスの経由地だったので、座席はかなり埋まっていました。

運転手のイケメンお兄さんが最前列の並びの空席に「座りな」って言ってくれたので、同行者と並んで、パノラマ良好なバス旅行ができました。

事前予約制なので、座席が足りないということはありません。

オンフルールに立ち寄るバスツアーに参加する

パリからのモン=サン=ミッシェルへ行く日帰りバスツアーでノルマンディーの田舎町に立ち寄るツアーが多くあります。

田舎町の候補にオンフルールが含まれていることが多いので、ツアーを選べばモン=サン=ミッシェルとオンフルールが両方いけちゃいます。

もちろん、ハードスケジュールなので、ゆったり観光はできないでしょうが。

オンフルールに行って後悔したこと

移動の途中に立ち寄るべきじゃない

フランス国内どこでもそうなのですが、オンフルールも例にもれずコインロッカーや荷物預かり所がぜんぜんありません

なので、オンフルールに宿をとるか、手回りの荷物を持つだけの日帰りで訪れるかにすべき。

私は宿泊していた街からパリへ移動する道中にオンフルールに立ち寄ったのですが、スーツケースを預ける場所がなく、めちゃくちゃ邪魔でした。

  • 重い!
  • 石畳で引っ張りにくい!
  • 通路の狭いお店屋さんに入るのに気が引ける!

大きな荷物を持って日帰り厳禁!!

観光の時間が全然足りない

私たちがオンフルールに到着したのは昼過ぎ。
オンフルールを発つパリ行きのバスの時間が17時。

この4~5時間程度でランチ、町歩き、ショッピング、観光を完遂するのは不可能でした。

  • ランチのデザートをあきらめた。
  • 歩ききれなかった道があった。
  • 中に入ってみたいお店いくつかのお店を外から覗くしかできなかった。
  • 聖カトリーヌ教会の内部に入らなかった。

お気に入りの町になったがゆえに悔いが残る滞在になってしまいました。

次回行く機会があれば絶対オンフルール泊にする!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。