海外旅行

【ヨーロッパ旅行】女子旅に最適!ヨーロッパの可愛い町・村おすすめ8選

可愛い町並みを歩いているだけで楽しくなるおとぎの国に迷い込んだようなヨーロッパの可愛い町や村をご紹介

コロナで海外に行けないなら、未来の旅行を夢想するしかないじゃない!

有名どころからマイナーどころまで可愛いにあふれた町・村ばかり。
足が棒になっても歩き回りたくなること請け合いです!

ローテンブルク(ドイツ)

可愛い町のド定番

ローテンブルクってこんな町

ドイツの観光と言えば「ロマンティック街道」沿いの可愛い町や村をめぐって、ディズニーのシンデレラ城のモデルになったことでも有名なノイシュバンシュタイン城がハイライトというのが鉄板。

ロマンティック街道の目玉となる可愛い町として有名なローテンブルクなので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

観光地化されているので、余所行きの顔が強い印象ですが、その分期待通りの可愛さを堪能させてくれます。

誰が行っても可愛さに納得、満足な町
人気の観光地であるがゆえに日本人に出会う確率も高い。

南ドイツをめぐるツアーならば十中八九旅程に入っています。

ローテンブルク
拠点となる街 ミュンヘン、フランクフルト
行きやすさ ☆☆☆☆
行き方 拠点の街から列車、ロマンティック街道バス
かわいさ ☆☆☆☆☆

ローテンブルクって行きやすい?

日本からの直行便があるミュンヘンフランクフルトから比較的アクセスしやすい場

ロマンティック街道バスに乗れば乗り換えなし

  • フランクフルト→ローテンブルク
  • ミュンヘン→ローテンブルク

鉄道なら乗り換えあり

  • フランクフルト→ヴュルツブルク→シュタイナハ→ローテンブルク
  • ミュンヘン→アウクスブルク→シュタイナハ→ローテンブルク

乗換が必要になりますが、ドイツ鉄道は観光客に優しい分かりやすい鉄道かつ、行先を入れれば乗継をすべて券売機が教えてくれるという神のような鉄道会社なので、海外旅行の初心者でも全然いけます。

ドイツ鉄道のHPは英語ですが、使いやすいんですよ。
ドイツ鉄道(DB)https://www.bahn.com/en/view/index.shtml

ローテンブルク日記

私がローテンブルクに行った夏はローテンブルク観光のベストシーズン。
日本人がいっぱい。西洋人の観光客もいっぱい。

3時間くらいしか滞在しませんでした。

ガイドブックに紹介されている大抵のことはしました。
…が、今思うともったいなかった。

今度行くなら、裏道や路地も歩き尽くしたい。観光客が帰った素顔の町も見たい。
もし、今、初めて行くなら泊まりかも。

ブルージュ(ベルギー)

ブルージュってこんな町

中世で時が止まったような町並みが残るブルージュ。ベルギー旅行に行けば、首都ブリュッセルに次いで訪れる人が多いであろう、ベルギー旅行の鉄板旅行先

「天井のない美術館」と呼ばれるにふさわしい、期待を裏切らない絵になる旧市街は朝も昼も夜も可愛いにあふれています

マルクト広場の鐘楼に登ればオレンジ屋根が折り重なった旧市街を一望することができます。

町を流れる運河はその昔、海上交易で栄えた名残。15世紀には流れ込む砂によって運河の水位が上がってしまい、商業都市としての役割を終えてしまいましたが、歴史の表舞台からおりたことにより、時が止まったような町が残されることになりました。

ブルージュ
拠点となる街 ブリュッセル
行きやすさ ☆☆☆☆☆
行き方 ブリュッセルから列車
中世ぽさ ☆☆☆☆☆

ブルージュって行きやすい?

ブルージュへ向かう際に拠点となる首都ブリュッセルは隣国の都市、パリアムステルダムからのアクセスもいいので、旅程に組み込みやすいのもいいところ。

ブリュッセルからブルージュへの列車は「乗り換えなし、本数が多い」と好条件。
行きやすさは抜群。

ブルージュ日記

ブルージュには2回行ったことがあります。

初めて行ったときは夕方に着いてほんの少しだけ明るい町を歩いて、夕飯食べてる間にすっかり真っ暗。夜のマルクト広場の写真を撮っただけ。

翌朝は旧市街の外の宿から駅へ直行で、まったくもったいないブルージュ滞在でした。

後悔が残っていたので、数年後のクリスマスシーズンに再訪。

前回の教訓をもとに旧市街に宿をとり、2泊しました。
そして、旧市街中を歩き倒しました。

クリスマスマーケットや町歩き、塔にのぼって町を見下ろしたり、町はずれの風車まで行くこともできたりして、大満足。運河クルーズは寒いので断念しましたが…。

ブリュッセルからブルージュに日帰りもできますが、絶対泊まりがおススメ。特に中世の町に泊まっていると錯覚できる旧市街の宿はいいですよ!

私が宿泊した”Hotel Boterhuis”

  • ヨーロッパには珍しくシングルルーム、シングル料金があるのが一人旅に優しい。
  • 駅から少し遠い
    旧市街の石畳の道を長くスーツケースを引くことになるので、キャスターが心配。私のスーツケースは小さいので持ち上げて運びました。
  • 旧市街のど真ん中にあって観光に便利、雰囲気抜群の立地
  • あんまり高くない
  • ホテルの中がくねくねした廊下やいろんなところにある階段で迷路のようで楽しい。歴史ある建物だから?

Hotel Boterhuisをエクスペディアで見る

ハルシュタット(オーストリア)

ハルシュタットってこんな町

世界一美しい湖畔の町として有名なハルシュタット
風光明媚なオーストリアのザルツカンマーグートを代表する可愛い町です。

背後に迫る山々、美しい湖畔に挟まれた小さな町はコントラストが素晴らしく、心打たれます。

鉄道で到着すると、鉄道駅が湖をはさんで反対側にあるため、船で町まで行く必要があり、水の上からの町を眺められるのも素敵。

とはいえ、私が鉄道でハルシュタットに向かったときはなぜか途中の駅で降ろされて、バスの代替輸送になったので、普通に町の駐車場に降ろされたのですが。

ハルシュタット
拠点となる街 ザルツブルク
行きやすさ ☆☆☆
行き方 ザルツブルクから列車またはバスと列車
自然との融合具合 ☆☆☆☆☆

ハルシュタットって行きやすい?

拠点となる街はザルツブルク
ザルツブルクは首都ウィーンとドイツのミュンヘンとの幹線上にある都市なので、アクセス至便。観光都市としても史跡が多く残り、おススメです。

ザルツブルクからハルシュタットまでは乗継必須。
鉄道だけか、バスと鉄道を併用するか2通りの行き方があります

オーストリア鉄道のHPで調べれば、鉄道のルートもバスのルートも候補で出てくるので、便利!
オーストリア鉄道(ÖBB)https://www.oebb.at/en/

鉄道だけで行くなら

ザルツブルク→Attnang-Puchheim(アットナング=プッフハイム)→ハルシュタット

Attnang-Puchheimの場所をググってもらえれば分かると思うのですが、とても遠回りになります。
その分時間がかかります

バスと鉄道を利用するなら

ザルツブルク→Bad-Ischl(バート=イシュル)→ハルシュタット

バスでバート=イシュルまで行き、バート=イシュルで鉄道に乗り換えるルート

こちらの方が効率的な移動になるので、短時間で行くことができます。

バスはザルツカンマーグートの風光明媚なところを走るので、車窓が楽しめます

ハルシュタット日記

バスと鉄道を併用してザルツブルクから日帰りで行きました

噂にたがわぬ、かわいい町並みと迫る湖畔と山並みのコラボレーションが最高でした。

お土産屋さんをのぞいたり、湖畔を散歩したりが楽しかった。
岩塩で栄えた町らしく塩のお土産がたくさん。お塩は重いですから、町歩きの最後に買うのが鉄則です。

帰りのバート=イシュルからのバスがクーラーなし、窓開かない(天井の小さい換気口のみ開放)というサウナ状態の地獄のようなバスでグロッキーだったのは今では笑い話。
9月の晴天だったのに、乗客の誰一人文句を言っていなかったのは今思っても信じられない。

コルマール(フランス)

コルマールってこんな街

ドイツとの国境に近い町、コルマール
カラフルな木組みの家絵になる運河。女子の感性に刺さるものだけで構成されているのではないかと錯覚してしまうくらい完成された可愛い町。

この町がその昔、フランスとドイツの勢力争いの中で翻弄され続けたという暗い歴史の影を感じさせません。

コルマールだけでも十分可愛い要素を感じられるのですが、コルマールのあるアルザス地方の可愛いエネルギーは郊外の小さな小さな村々にこそあります。

ぜひとも足を延ばしてみて。

【フランス旅行】アルザス地方の可愛い村をまわりたい!レンタカーなし!徒歩・自転車で!フランス、アルザス地方のコルマール周辺にはフランスで最も美しい村に選ばれている村やフランス人の愛する村など、小さいけれど魅力的な村が点在...
コルマール
拠点となる街 ストラスブール
行きやすさ ☆☆☆☆☆
行き方 ストラスブールから列車
(パリから直通の列車もある)
女子ウケ ☆☆☆☆☆

コルマールって行きやすい?

アルザス地方の中心都市ストラスブールからのアクセスは列車で一本、かつ本数も多いので、とても行きやすい。

また、高速鉄道TGVも本数は多くないですが、パリから直通するものがあります。

コルマール日記

2泊しましたが、コルマール周辺の小さな町もめぐると決して十分な滞在期間じゃなかった。もう1日くらいいてもよかった。

町の道がくねくね迷路みたいで最後まであんまり方角分からずに歩いていました
常に迷子状態。

どこもかしこも絵になる街で、おとぎの国。

町並みの可愛さはもちろん、可愛い雑貨やお菓子のお店もたくさんあって、町歩きとショッピングが楽しい。

女子旅にはうってつけ

かわいい町コルマールで可愛いを満喫するならこの宿! ”Hôtel Le Maréchal”コルマールを旅行した際に宿泊した宿をご紹介します。 部屋の広さや清潔さ、宿の雰囲気やスタッフの対応、料金や立地など泊まったからこそ...

カルカソンヌ(フランス)

カルカソンヌってこんな町

フランスでモンサンミシェルに次ぐ第2位の人気を誇る観光地、ルカソンヌ

立派な城壁に囲まれた町は『進撃の巨人』の舞台を彷彿とさせます。
城壁の保存状態が良く、まさに中世にタイムスリップしたかのような錯覚に襲われます
カルカソンヌ
拠点となる街 トゥールーズ、モンペリエ、バルセロナ
行きやすさ ☆☆☆
行き方 拠点の街から列車
騎士が出てきそう ☆☆☆☆☆

カルカソンヌって行きやすい?

パリからはかなり距離があり、南部の都市(アヴィニョンやトゥールーズなど)まで高速鉄道で移動してから、列車を乗り継ぐことになり、かなり時間がかかります
パリやヨーロッパ内の都市から南仏へ飛行機で入ることも候補に入れていいと思います

私はスペインのバルセロナから高速鉄道と在来線を乗り継いで行きました

カルカソンヌ日記

駅近の宿をとったので、カルカソンヌのシテ(お城)まで2㎞くらいあり、着いた日の夜と翌日の午前中の2度シテまで歩くのがちょっと大変でした。

でも、荷物を持ってシテまで行くのも結局大変なので、どっちを取るかですね。

城壁の中は狭い石畳の道と迫る石の壁。路地を目的もなくさまようのは探検のようでとっても楽しかった。

2時間ほどですべての道を踏破できるくらい小さなシテ。でも、大きな歴史ロマンを秘めた町でした。

ゴスラー(ドイツ)

ゴスラーってこんな町

魔女伝説の残るおとぎの国、ゴスラー
装飾的な木組みの家々が整然と並び、石畳の道や広場はおとめ心をわしづかみにしてきます。

ゴスラーを含むハルツ地方には魔女伝説が残っており、お土産屋さんの雑貨にはたくさんの魔女、魔女、魔女・・・。
絶妙に可愛くないのがドイツらしい。

ゴスラー
拠点となる街 ベルリン、ハノーファー
(フランクフルト)
行きやすさ ☆☆☆
行き方 拠点の街から列車
魔法の国ぽさ ☆☆☆☆☆

ゴスラーって行きやすい?

フランクフルトから行こうとすると列車を乗り継いで3時間以上かかってしまいます。
ベルリンやハノーファーを拠点にする方がアクセスしやすいです

どんな場合でもドイツ鉄道さんが最善策を提案してくれるので、安心!
ドイツ鉄道(DB)https://www.bahn.com/en/view/index.shtml

私はヘルシンキでベルリン行きの飛行機に乗り継ぎ、ハノーファーに滞在している日に日帰りで向かいました

ゴスラー日記

地球の歩き方の扱いがあんまり大きくないので、行き先候補になっていなかったのですが、友達の提案で訪問。

行ってよかった。

むしろ、良すぎたので、もっと滞在したらよかったと後悔しているくらい。

広場で出会ったおじさんはゴスラーに3泊するんだと言っていました。いいなぁ。私もそんな年になってもゆったりヨーロッパ旅行したいわあ。

ディナン(フランス)

ディナンってこんな町

日本人にはあまり知名度は高くないですが、観光地として洗練されためちゃくちゃ楽しいディナン。あまりに隙がないきれいな町並みなので、「テーマパークかな?」と思ってしまうくらい。

木組みの家々が町全体で残されています

東洋系の観光客を見ることがなく、穴場を見つけた感じがしてうれしくなります。(西洋系の観光客は多い)

ディナン
拠点となる街 レンヌ
行きやすさ ☆☆☆☆
行き方 レンヌからバス
穴場感 ☆☆☆☆☆

ディナンって行きやすい?

パリからレンヌまで高速鉄道で移動し、レンヌからバスで1本。比較的アクセスはしやすいです。

レンヌはモンサンミシェルへ向かう際にも拠点となる街なので、訪れる人も多いのではないでしょうか。レンヌまで行くなら、ディナンも旅程に入れてほしい!

フランスブルターニュ地方で保存状態の良い中世の町並みに一目惚れ「ディナン」フランスの観光地といえば、「パリ」や「モン=サン=ミシェル」でしょうか。 日本人にあまり知られていないけれど、私のフランスお気に入...

ディナン日記

お土産屋さんや美味しいパン屋さん、レストランなども多く、買ったり、食べたりも楽しいです。

町の中心部は高台にあるのですが、川に向かって下り坂の道も可愛いし、川沿いも可愛い。

川を見下ろすのもよし、川から見上げるのもよし。高低差を問題なく歩ける足腰は必要ですが、上下で楽しみ方が変わるので、一つの町で楽しめる!一粒で二度おいしい!

夕方にディナンを離れてしまったのですが、絶対日が暮れてからの町も雰囲気が良かったに違いない

 

オビドス(ポルトガル)

オビドスってこんな村

王妃様に愛された村、オビドス。この村を気に入った王妃様に王様は直轄領として送り、その後数百年間代々受け継がれたのだそう。

「谷間の真珠」と呼ばれる可愛い村。ポルトガルの田舎らしい素朴さもあり、かなりお気に入り。

村の奥にお城があるのですが、今はホテルとして利用されています。
お城を利用した雰囲気抜群のホテルですが、お値段は手が届く額。ぜひ泊まってみたい。ここに泊まるためだけにもう一度ポルトガルに行きたいくらいです。

オビドス
拠点となる街 リスボン
行きやすさ ☆☆
行き方 リスボンからバス
お城に泊まりたい度 ☆☆☆☆☆

オビドスって行きやすい?

ポルトガル自体がヨーロッパの中でも日本から距離があり、また日本からの直行便もないため、アクセスは簡単ではありません。
ヨーロッパ内で飛行機を乗り継ぐか、スペインから陸路で向かうかになるかと思います。

リスボンまで行ければオビドスは遠くありません

リスボンからはオビドスまでバスで一本で行けます
鉄路でアクセスすることもできますが、乗継があったり、時間がかかったりするので、バスがおすすめ。

オビドス日記

リスボンから日帰りで訪れました。

ポルトガルらしいのんびりした素朴な雰囲気です。洗練されたキラキラの観光地好きな人にはちょっと物足りないかも。
城壁に黄色や青のラインが映える建物なのに、ちょっと剥げてくたびれたところに垣間見えるポルトガルぽいおおらかさ。

本当に小さい町で1時間もあれば全体を見て回れちゃいます。

綺麗に残る城壁の上を歩けるのが観光の目玉でもあるのですが、なんと柵がなく、片側オープン

高所恐怖症の人は絶対上がっちゃダメ

私自身は「ナニコレw危なっwww」と踏破しました。

さいごに

紹介した町や村はどこも小さく、1日~半日あればまわり切れてしまうところばかりです。しかし、「人がいない朝、オレンジの電灯に照らされた夜」、宿泊したからこそ見える素敵な時間もあるので、ぜひ駆け足で通り過ぎず、ゆっくり腰を据えて滞在してみてくださいね

荷物を持たず、帰りの時間を気にせずにいられるだけでも、滞在時間の満足度はけた違いに跳ね上がりますよ。

おすすめガイドブック

海外旅行の大定番。

ほかのガイドブックには載っていない小さな町も網羅されていることが多く、絶大な信頼を置いています。

今回ご紹介したかわいい町たちももちろん紹介されています。

 

POSTED COMMENT

  1. Chico♂ より:

    歴史を知ればもっと楽しい!…ほんとその通りですね♪
    小さい街いいですよね。8つ中4つ行きました。ハルシュタット、ディナンはいつか行きたいです。あとアルザスの村も!
    デュルピュイ、スミュール、オルヴィエート、ヴェルニゲローデ…よかったとこいっぱいあります。
    ブログ、インスタ少しずつ見させてもらいますね^_^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。