北海道旅行

【北海道温泉旅行】緑の風リゾートきたゆざわ滞在記(温泉、料理、お部屋を満喫)

札幌から近すぎず、遠すぎず。新千歳空港から近すぎず、遠すぎず。北湯沢温泉は道民のドライブ旅行にも、北海道旅行の際の温泉滞在にもうってつけ。

野口観光グループの緑の風リゾート、北湯沢の温泉に行ってきました。
ゆったり優雅な時間を過ごせるホテルの素敵体験をおすそ分け。

緑の風リゾートに到着。

緑の風リゾートに到着。

広々、高い天井。開放感がある玄関ラウンジで否が応でも期待が高まります。

15時のチェックイン時間になったので、フロントの列に並びます。

今回は後日郵送されるお土産つきのプランだったので、郵送先の住所を確認されたり、道民割利用だったので、免許証で住所確認されたり、ワクチン接種済証を提示して、ハーフボトルのノンアルコールワインをもらったりと少し手続きが多く、時間がかかりました。

緑の風リゾートを運営する野口観光ではワクチン接種を2回終えていることを証明できる宿泊客に優待サービスを行っています。

宿泊するホテルによって違いますので、詳しくは調べていくか、フロントで聞いてみてください。

緑の風リゾートのレディースルームへ

チェックインを済ませて、いざお部屋へ。今回はレディーススタンダードルームに宿泊です。

このホテル、9階以上の階はカードキーを持った人じゃないとエレベーターのボタンが押せないようになっていて、レディーススタンダードルームはその9階にありました。

庶民な私は特別感のある階に宿泊できるだけでソワソワわくわく。

エレベーターラウンジ

エレベーターホールは小さなラウンジスペースを兼ねていて、女性誌や水素水のサーバーが置いてありました。

このフロアに宿泊している人だけの特別な場所。
とはいえ、お部屋が居心地よくてほとんどここは利用しなかったのですが。

レディーススタンダードルーム

カードキーでスマートに解錠して、入室~。

ほうほうほう。良いですね、良いですね。
私一人が滞在するには充分すぎる広さです。

綺麗な板の間と可愛い赤いソファ。雰囲気も上々です。

広い窓からは国道と長流川の清流が見えます。

11月の初旬に訪れたときには窓から見える向かいの山はほとんど裸でしたが、もう1~2週早ければ綺麗に紅葉した景色が望めたに違いありません。

緑の風リゾートの客室設備・アメニティ

素敵なお部屋の探索を始めましょう。

ドリンクサービス、お茶セット

温かい飲み物は緑茶、コーヒー、紅茶と各種勢ぞろい。

コーヒーはミルで豆から挽きたてを淹れることができます。

紅茶は4種類。アッサム、ブレックファースト、ダージリン、アールグレイと定番どころをしっかり押さえたラインナップ。素晴らしい!紅茶好きの私はホクホクです。

冷蔵庫の中にはミネラルウォーター、お茶、ビール、酎ハイ

こちらも無料で飲むことができます。

一人で泊まるのに2本ずつ。ありがとうございます。

お茶請け

お茶請けも2つずつ。

クッキーと味噌ゆべし。どちらも美味しくいただきました。

アメニティ

アメニティもこの品揃え。うっかり手ぶらで来てしまっても困ることはなさそうです。

くし、歯ブラシに始まり、化粧水やヘアクリーム、フェイスマスクなどなど。
女性に嬉しいアメニティが揃っています。

枕元にはこんなアメニティまで。

蒸気でアイマスクと足すっきりシート。
至れり尽くせりで嬉しいです。

初めて蒸気でアイマスクを使ってみましたが、とても気持ち良かったです。

水回り設備(洗面所、お風呂、トイレ)

水回りは綺麗にリノベーションされています。

洗面所はツインルームなのに2つ。

さすがレディースルーム。支度に時間がかかる女性のためのありがたい設備です。

お風呂はシャワールームでしたが、大浴場があるので、問題なし。

なのですが、このシャワーが曲者でして、

部屋風呂も温泉!

わざわざお部屋のシャワーを使うことはなかったのですが、すごいな~と感心。

客室によっては湯船があるお部屋もあるので、事情があって大浴場に抵抗がある方はお部屋で温泉を楽しむこともできるようです。

お部屋を一巡してみての私の率直な感想は「完全に分不相応な宿やないかい」そして、冷蔵庫の中にお水だけじゃなく、アルコールまでサービスと知って「サービスやと!?ひぇっ!」でした。

北湯沢の温泉(大浴場)に入浴!

では、お待ちかねの温泉に参りましょう。

緑の風リゾートの大浴場は内湯が2フロア、大きな露天風呂、多種多様な香り湯の露天風呂ととにかく目白押し。

北湯沢の泉質は基本的に1つしかないのですが、「散歩湯」と呼ばれる小さな湯船の香り湯がたくさんあります。

あっち入って、こっちも入ってととにかく楽しい!

散歩湯の露天風呂はどの湯船も小さいので、貸切状態になるのが嬉しいです。ほかの人に気兼ねせずにのんびり、ぼんやり浸かれました。

おまけにこの散歩湯はかけ流しなので、湯船に入るとざぶ~んと景気よくお湯が溢れるのが何とも言えず気持ちいい。家でのお風呂ではできない贅沢です。

香りは露天ということもあり、あまり強くは感じませんでした。

下のフロアの内湯にも変わり湯、季節湯として香りのついたお風呂があったのですが、内湯のため、香りが充満してちょっと苦手でした。

森林の中にお風呂が点在しているので、まるで森林浴をしているよう。

たくさんある湯船の中で、結局落ち着いたのは源泉近くの奥まった湯船でした。
湧き立て新鮮な温泉に浸かるのはやっぱりいいわぁ…。

緑の風リゾートの夕食

夕食は「せせらぎ」という広いレストランでのバイキング。

入場時間が10分おきに区切られていて、混雑しすぎないように配慮されています。
入場時間はチェックインの際に指定されました。

もちろん、料理を取りに行くときはマスクとビニール手袋を着用でコロナ対策です。

温泉ホテルの夕食バイキングでよくあるライブキッチンがここにもありまして、ローストビーフや天ぷら、ラーメン、パフェなど目の前で調理、盛り付けしてもらえます。

キッチン自体がガラス張りなので、裏方として調理されている方々も見えて楽しいです。

盛り付けも写真もへたくそなのは許してください。
自分が美味しく食べることを最優先した結果です…。

今回のプランではドリンクが一杯サービスだったので、久しぶりにお酒を飲みました。幸せ。

ライブキッチンとは別に料理長さんやお姉さんがテーブルを周って薬膳スープやビーフシチューなどを配膳されていました。

北海道産食材はもちろん、北湯沢の近くの伊達市や自社農園など食材にこだわりが感じられるお料理ばかり。

バイキングなので、自分の好みに合いそうなものばかり持ってきて、そして、期待通りに美味しいものばかりでした。

読みにくいかもしれませんが、こちらが私がいただいた夕食のメニューです。

夕食は90分がリミット。おそらく、コロナ対策の密回避だと思われます。

時間を気にせず、ゆっくり味わって会場を出たらぴったり90分だったので、長くも短くもないちょうどいい時間設定です。

屋上の天文台、天体観測。北湯沢温泉は星が綺麗に見える

緑の風リゾートの屋上は天文台と銘打って天体観測ができるようになっています。

宿泊日の当日にフロントで申し込みが必要で有料です。

晴れの日天候不良の日
大人1,100円大人550円
小学生550円小学生550円
詳細は緑の風リゾートの公式サイトからご確認ください。(https://midorinokaze-resort.com/observatory

私自身は綺麗な星は見たいけど、1,000円も星見るのにお金出すのはなぁ…と思ってしまったので、ホテルの外で星を見てみました。

ホテルの前の川をわたると国道なのですが、ほとんど外灯がないので、車が通るタイミング以外は対岸のホテルの灯りだけ。

星は綺麗!感動!というほどではなかったけれど、たくさん見ることができました。

写真にも撮れたのですが、データサイズの関係であまり綺麗に見えないですね…。

緑の風リゾートの図書室(のぐち文庫)、書斎(夢追い人)

図書室(のぐち文庫)

フロントの奥に居心地のいい図書室(のぐち文庫)があります。

鉄道旅行にハマっているので嬉しい一角を発見。

本の種類はたくさんではないですが、スペースの雰囲気もいいですし、写真集や絵本もあるので、気負うことなく手に取って過ごすことができます。

図書室の奥にはドリンクコーナーが。

飲み物片手に読書ができて優雅な時間です。

書斎(夢追い人)

隔離されたお部屋でお仕事ができる場所もあります。

まるで書斎。リモートワークの人ならここでお仕事!なんてカッコいいことができます。

緑の風リゾートの朝食

朝食は夕食と同じレストランせせらぎ。

朝からたくさんのメニューが並びます。

ライブキッチンは朝食でも。そして、料理長のテーブル行脚も同じく。

朝食バイキングなのに、夕食と同じくらいのサービスってすごいと思います。

地場産野菜のサラダや焼き立てパンが美味しくて大満足でした。

デザートの品ぞろえが多いのもびっくり。
よくあるのが、夕食のデザートはアイスクリームやケーキ、ゼリーとたくさんあって、朝食のときはフルーツがあるくらい。

なのに、緑の風リゾートの朝食デザートはケーキもアイスもありました。

朝からたくさん美味しいものが食べられてとっても幸せ。

緑の風リゾートへのアクセス

北湯沢温泉までのアクセスは自家用車かレンタカーが便利

車で行けば、近くの洞爺湖や途中の道すがら、食べたり買ったりと寄り道も楽しむことができます。

洞爺湖周辺の立ち寄りスポットはこちら。

【北海道旅行】洞爺湖を旅する。見て、食べて、楽しい! 先日、北海道の洞爺湖に小旅行してきたので、洞爺湖の魅力、立ち寄りスポットをご紹介。 この記事は 北海道旅行が気になる人洞...

冬道は不安という方は札幌から無料、新千歳空港から有料(片道1,000円)の送迎バスが出ています。

北湯沢まではどのルートでも峠越えが発生するので、雪道、凍結した道に不慣れな人は無理せず、バスを利用するのが吉。

バスは先着順でいっぱいになったら、自力で来てねと言われるので、ホテルの予約が済んだらすぐに送迎バスの予約もするのが得策です。

11月5日に宿泊予定で、11月1日に送迎バスの予約をした私は満席で断られました…。

送迎バスの詳細や予約はこちらの公式サイトへ(https://midorinokaze-resort.com/access

後日届いた野菜のお土産箱

緑の風リゾートに宿泊してから4週間後届きました。

お土産としてプランについていたお土産。野口観光の北湯沢ファームという契約農園のお野菜です。

じゃがいもがたくさんと小ぶりのかぼちゃ一つ、立派なニンジン3本、立派な玉ねぎが3玉。こんなにたくさん入った箱が届くなんて思ってなかったので、嬉しい驚きでした。

早速フライドポテトやカボチャケーキを作りました。とっても美味しくいただいています。

たくさん入っていますが、どれも日持ちするお野菜なので使い切れなくて困る!という心配は不要です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。