倹約

月収20万円で貯金と旅行を両立する方法(出費を減らす編)その1

「将来のために貯金をしたい!でも、趣味も楽しみたい!」

月収20万円で年間貯金額100万円以上、ヨーロッパ旅行へ年に2回行った私の貯金や節約方法をご紹介。

平均的な給料で貯金をしつつ、ヨーロッパ旅行という趣味にお金を使うために気を付けていたことを3つにカテゴリー分けして順にご紹介していきます。

  1. お金を貯める
  2. 出費を減らす
    その1 固定費を下げる
  3. 安く旅行に行く

今回は「出費を減らす編 その1」。

月収20万円で年間100万円以上の貯金と趣味のヨーロッパ旅行を両立する方法(貯める編) 「将来のために貯金をしたい!でも、趣味も楽しみたい!」 月収20万円で年間貯金額100万円以上、ヨーロッパ旅行へ年に2回行った私...

はじめに

前提となる私の簡単なスペックを説明しておきます。

こんな平凡な奴でもお金を貯めつつ、趣味を楽しめるんだと実感していただければ幸いです。

  • 地方都市在住
  • 20代後半
  • アパートに一人暮らし
  • 事務職
  • 年収400万円くらい(月収の手取り20万円前後)

固定費を下げる

最初だけ手続きをしてしまえば、長期的に効果が得られる節約の第一歩。

「手続きが面倒だなぁ」で実践しないのはとってももったいない!

携帯電話を格安SIMに変える

「UQモバイル」、「楽天モバイル」、「LINEモバイル」、「Yモバイル」などなど…。たくさんの会社がしのぎを削っています。

値段や速度、プラン、使用回線など選ぶ基準がいっぱいあってすごく迷いました。

  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル

の2択で悩んで、「LINEモバイル」にしました。

  • 基本料金が安かったこと
  • キャンペーン中だったこと
  • SNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)がデータ使い放題になること

に惹かれて選びました。

「楽天モバイル」は楽天経済圏の人なら楽天市場のお買い物が常時+1倍になるので、お得ですよね。

費用

  • 大手の携帯会社の時 6,000円~7,000円
  • LINEモバイル 2,000円弱

節約額

4,000円以上/月

使ってみて

メリット

  • 安い
    まずはやっぱりこれ。しかも、乗り換えキャンペーンでもらったLINEポイント8,000ptが残っているので、実質ただで使っています。
  • SNSを気兼ねなく使える
    対象のSNSは使い放題なので、データを食うInstagramの動画を見ることに罪悪感や不安感がなくなりました。

デメリット

  • 通信速度が遅いことがある
    お昼休みにいじっているとなかなか表示されなくて諦めてしまうことがあります。
    そんなときは職場のPCを使っちゃうので、そこまで困ってないです。
  • 家族通話がない
    大手のときは家族通話があったので、長電話も気にせずできたのですが、今はできません。
    でも、LINE通話はデータ無制限で使えるので、通信環境が不安定でなければそこまで問題はないです。
    (「実家のWi-Fiが脆弱」、「父が頑なにLINEをやらない」という問題がありますw)

保険の見直しをする

医療保険と個人年金保険とに入っていました。

医療保険

解約しました。

理由はお金の勉強していくうえで、
「もしものために毎月払い続けるより保険料分を貯蓄したり、投資したりした方が確実に豊かになるなぁ」
と思ったから。

そもそもここ数年で医者にかかったのなんて歯医者の定期検査くらいの健康体なので。
もしもの病気を心配するより、日々健康に気を付けて適度な運動と食事管理の方がいい人生だと思いませんか。

癌家系らしいので、リスクはありますが。
いざかかって医療費を請求されたら後悔する気はしてますw

個人年金保険

解約しませんでした。

5年ほど前に入った個人年金保険。

こちらも同額を投資した方がいいかなと思ったのですが、

  • 今解約すると元本割れする
  • 金利を計算してみると年利1.4%弱だった(銀行に預けているよりいい)

ので、解約はしないことにしました。

費用

  • 医療保険 約4,500円/月
  • 個人年金保険 10,000円/月

節約額

約4,500円/月

車を持たない

私鉄も地下鉄もない地方都市に暮らしていますが、私は車を持っていません。

「車買わないの?」と聞かれることは日常茶飯事ですが、基本的に自転車で行ける範囲の生活で苦労していません。

車で出かけたくなったら、レンタカーで充分
1日借りて3,000円くらいです。

生活スタイル、価値観、家族構成、居住地によって判断は変わりますが、固定観念にとらわれることなければ、地方都市の車なし生活ありですよ。

費用

  • 車の維持費 0円

節約額

不明車を持ったことがないので)

家賃の安い部屋に引っ越す

1LDKのアパート住まいでしたが、1Kのアパートに引っ越しました。

駅からの距離が半分以下になって、職場にもずっと近くなって、家賃はマイナス10,000円。

1年ほど前にミニマリストという生き方を知りました。本当に好きなもの、必要なものだけの部屋を目指して精進中です。

費用

  • 1LDK 約55,000円
  • 1K 約45,000円

節約額

10,000円/月

残念ながら

職場の家賃補助が減額されるので、実際には10,000円の節約効果はないです…。

電力会社を乗り換える

大手の電力会社からLooopでんきに乗り換えました。

  • 楽天でんき
  • Looopでんき

の2択で悩んで、電力単価の安いLooopでんきにしました。

住んでいる地方によって安い会社や対応している会社が変わりますので、調べてみることをお勧めします。
また、現在自分が受けているサービス(ガスや携帯サービスなど)と合わせたプランが安いことがあるようです。

賃貸に住んでいても基本的には電力会社を変えてもいいそうです。
私は賃貸契約の際に確認しましたが、現在お住まいの賃貸の管理会社さんや大家さんに相談してみるといいですよ。

費用

  • 大手電力会社 2,000円~4,500円
  • Looopでんき 1,800円~4,200円(予定)

節約額

200~300円/月

合計節約額

18,700円/月 です!

※家賃は10,000円の節約額としています。
※車の維持費はもともとかかっていなかったので0円の節約額としています。

改めて計算してみると結構大きい額で少しびっくり。

次回

「出費を減らす編 その2(コンパクトな生活習慣)」の予定です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。