北海道旅行

【北海道の絶景路線】廃線決定。北海道の鉄道旅行(富良野ー新得)に行ってきました。

1月から2月にかけて、JR北海道の2か所の廃線が決定しました。

廃線が決まった内の1つ、以前から廃線の噂があったJR北海道、根室本線の富良野から新得へ至る線路。

この区間も絶景路線です。

二度と見れなくなってしまう予定の車窓。どんな景色が見られるのでしょうか?

滝川駅から根室駅を結ぶ根室本線のうち、富良野駅から新得駅までの廃線が決定した区間に乗りに行きましょう。

2016年の豪雨災害で被災し、不通区間を含むこの区間は1日たったの4往復しかありません。

旅程を立てるときは時刻表の確認が必須です!

富良野駅から鉄道旅行はスタート

今回の出発駅は富良野駅

  • 札幌駅から富良野駅へ
    札幌駅から旭川方面の特急に乗り、滝川駅で根室本線の富良野行きの列車に乗り換え。
  • 旭川駅から富良野駅へ
    旭川駅から富良野線の富良野行きの列車で富良野駅へ。

これから乗る根室本線の新得方面はなんと一日たったの4往復。

しかも、朝夕に集中しているので、観光客には使い勝手が非常に悪いです。

ではでは、富良野駅から新得方面への2番列車。東鹿越駅行きの時間です。

可愛い1両編成の気動車に乗り込みましょう!

昭和感漂う青いモケットと直立不動のクロスシートに旅情が盛り上がります。

座席はどこでもOK!

どちらの車窓も綺麗ですし、車内は基本ガラガラなので、移動することも簡単です。

ちょっと寄り道。富良野駅。

富良野駅周辺は観光地らしくお店もレストランも多いので、発車時刻までのんびり時間をつぶしてくださいね。

時間をつぶすならこのケーキ屋さんがおすすめ。

tabitabi-tabi.com/takikawa-shintoku#tronc

盆地の絶景区間(富良野駅ー山部駅)

富良野駅を出発してすぐ。

小さな気動車は富良野盆地の真ん中を走っていきます。

右を見ても左を見てものどかな田園風景とその後ろに連なる山々。

ガタガタと揺れながら走る汽車はのどかな車窓と相まって、忙しい現実を忘れさせてくれます。

富良野駅と布部駅の間

夏場であれば、窓を開けることができるので、爽やかな風が車内に吹き込んで最高に気持ちいい!

富良野駅と布部駅の間

富良野駅と布部駅の間

布部駅と山部駅の間

布部駅と山部駅の間

布部駅と山部駅の間

山間の絶景区間(山部駅ー東鹿越駅)

山部駅を過ぎたあたりからどんどん線路は山間に入っていきます。

空知川とつかず離れず。

谷間に作られた線路は川と一緒に曲がりくねりながら、ゆっくりと進んでいきます。

山部駅と下金山駅の間

山部駅と下金山駅の間

下金山駅と金山駅の間

金山駅と東鹿越駅の間

金山駅と東鹿越駅の間

金山駅と東鹿越駅の間

金山駅と東鹿越駅の間

長いトンネルを抜けると突然に湖が広がります。

静かな水面と後ろに控える山々は言葉を失う美しさ。

さまざま北海道内の路線に乗ってきましたが、この車窓は3本の指に入ります。

空知川をせき止めてできたダム湖。かなやま湖

かなやま湖を突っ切って線路は対岸に渡ります。

かなやま湖の絶景を過ぎるといよいよこの列車旅は終点。

東鹿越駅に到着

ここから先は新得駅まで不通区間となっています。

線路は先へ伸びているのに、ここから先へ汽車が進むことはもう二度とありません。

峠の絶景区間(東鹿越駅ー新得駅)

東鹿越駅から新得駅までの区間はバス代行。

大きな観光バスが汽車が東鹿越駅に到着する時間に合わせてやってきます。

富良野から新得へ向かうときは進行方向右側に座りましょう。

新得から富良野へ向かうときは進行方向左側に座りましょう。

東鹿越駅を出ると幾寅駅、落合駅と2つの途中駅に寄りながら、新得駅へ。

駅周辺が小さな集落になっている以外は、のどかな田園風景。

幾寅駅と落合駅の間

落合駅から先、新得駅までは根室本線の線路から大きく離れて、バスは狩勝峠を登っていきます。

狩勝峠の頂上、一瞬だけですが、十勝平野が見渡せる絶景ポイントがあるので、見逃し注意です。

落合駅と新得駅の間

東鹿越駅から約1時間。
新得駅に到着。お疲れさまでした。

ここからは帯広方面や千歳方面への特急列車が発着する幹線。特急列車も発着しています。

ちょっと寄り道。新得駅。

新得は蕎麦の町

駅前にもお蕎麦屋さんはありますので、列車の待ち時間があるなら立ち寄ってみて。

駅の中にも立ち食い蕎麦屋さんや新得そばが買える売店があります。

新得駅前のお蕎麦屋さんに行ったときの話はこちら(https://tabitabi-tabi.com/takikawa-shintoku#そば処-せきぐち)

【北海道旅行】コスパのいい格安宿。おすすめゲストハウスや格安ホテルの体験記 美味しいものを食べて、交通費がかかって、宿代もかかる。宿泊費は旅費の中でも大きな出費の一つですよね。 ゆったり温泉宿に滞在して、...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。